Page: 1/1   
カーダーの比較

昨日ご紹介したGolden Fleece Carders のカーダーの他社との比較をしてみました。

購入に際には、ぜひ参考にしてみてください!

 

商品の詳細や価格は各商品欄をご覧ください。

カカラウールワークスのカーディング用品ページへ→★

 

ハンドカーダーの比較

 

<ハンドカーダー ウール用>

←Louet(左)              →Golden Fleece Carders (右)

 

 

 

 

 

<ハンドカーダー コットン、カシミヤ用>

Golden Fleece Carders (左)              →Louet(右)

 

 

<ハンドカーダーの比較と特徴>

見た目でもわかるように、Golden Fleece Carders のものは、

合板で持ち手が長く、角度(そり)がついていますので、Louet社のものよりもカードがし易いです。

しかし、Louetのものよりも重さがあるのが欠点です。

Golden Fleece Carders のものは、Louet社のものよりも、大きな手の方には非常に使いやすいと思います。

手が小さい方には、重さと持ち手の横幅があるので、カードはかけ易いですが疲れやすいと思います。

ウール用、コットン用、双方ともに、同じ歯の密度に見えます。

 

========================================

 

ブレンディングボードとテーブルカーダーの比較(3社)

 

 

Golden Fleece Carders(左)/ Louet(中)/ Majacraft(右)

 

 

ドラムカーダーとの大きさの比較(Louetのドラムカーダークラシック(右奥)

ただし、ドラムカーダーとは本来の用途が違いますので注意!

用途の違いについて

<テーブルカーダーとブレンディングボード>

幅の広いローラグを作るためと、

水フェルト地用のウール下地を作るように最適です!
絵を描くようにウールを置いて下地をつくり、そのまま縮絨したり、
アートヤーンのバッツのような創造的な

ミックス素材の大きめのローラグを作ることができます。

 

<ドラムカーダー>

フリースからのスライバーつくり、

スライバーの混色、

異素材ファイバーのミックス、

バッツつくり、
 

 

ハンドカーダーとテーブルカーダーの比較

 

 

 

 

 

 

3社とも、カーディングクロスは同じですが、歯の長さと角度の位置が異なります。

ブレンディングボードの比較で、一番使いやすいのはクランプでテーブルに固定できて、

自由自在に角度を変えることができるGolden Fleece Cardersのテーブルカーダーです。

とくに↓のブレンディングブラシが最高に使いやすい!

 

 

 

 

比較検討、ぜひ参考にしてください!

 

 

| カカラ店主 | 23:13 | comments(0) | - | pookmark |
ブレンディングボード徹底比較!
昨年のスピニングパーティ会場でデモンストレーションを行い、
反響の大きかったマジャクラフトのブレンディングボード

この度当店では、新たに
2014年1月より、ルエ社のブレンディングボードが発売されましたので販売を開始致しました!
Louet Blending board- fine 30 x 30cm / ブレンディングボード

**************************************************

そこで今回は、
マジャクラフト社とルエ社、2つのブレンディングボードの
比較レポートをしていきたいと思います!

1. 大きさ、針の密度

sCIMG5466.jpg

(左)ルエ:72歯(Fine) サイズ:たて30cmxよこ30cm
(右)マジャクラフト:72歯  たて30cmxよこ21cm

ルエ社は正方形、マジャクラフトは長方形をしています。
針の密度は同じ。針の角度も同じです。
どちらもフックの様に、くの字に曲がっています。
ドラムカーダースタンダードの歯と同じものを使用しています。


2. 付属品

sCIMG5468.jpg
ルエ:混色・掃除用のブラシ(毛足短め・固め・木製持ち手)
ローラグ用のスティック3本



sCIMG5473.jpg
マジャクラフト:混色・掃除用のブラシ(毛足長め・ナイロン製)
ローラグ用のスティック2本






3. 裏側のネジ穴

sCIMG5471.jpg

ボードを支える足の部分を固定するネジ穴が、
ルエは3カ所、マジャクラフトは2カ所空いています。
机に置いたり、膝に載せたりと使い方によって足を付けかえます。
穴が1つ多い分、ルエの方が細かく傾斜を調節することが出来ます。





4. 保持できる羊毛の量

sblend1.jpg

実際に羊毛を乗せて、
ローラグや、ディズを使ってスライバーを作り、
重さを測りました。

ルエ:30g 
マジャクラフト:22g

あくまで参考です。
乗せるファイバーの種類や密度によって
重さは変わってきます。
紡ぎ易い状態にする為にはあまり無理に乗せすぎない方が良いでしょう。

羊毛を乗せる際、羊毛の向きを交互に乗せて、
水フェルトの土台としてそのままフェルト化させる事も出来ます!

sblend2.jpg

面の大きさが違う分、ローラグの幅、長さも変わってきます。

sblend3.jpg

紡いで糸にしました。
ドラムカーダーに比べると一度に混ぜられる量は少ないですが、
価格も安く、気軽にアートヤーンのローラグ作りなどを楽しむことが出来ます。

お買い物は、Kakara Woolworksのサイトへ↓
マジャクラフト ブレンディングボード(お取り寄せ)
ルエ ブレンディングボード(在庫有り)


 
| カカラ井上 | 14:38 | comments(0) | - | pookmark |
Majacraft/Louet ウールコームの違い
Majacraft
Wool Combs 2 row / ウールコーム 2列歯 

重さ約310g(本体のみ)

マジャクラフトのミニコームはとても丈夫で、繊維の下準備に最適です。
磨き上げられた先端と、ステンレススチールの歯、柄の部分はニュージーランドの硬材から
作られています。コームブロック(台)を使うとテーブルに固定でき、安全に使用できます。
もちろんハンドコーミングとしてもお使い頂けます。






Louet
Louet Mini Wool Combs/ミニウールコーム2列歯




重さ約170g(木製)

ルエのミニウールコームは、重さが約170g!
本体が軽いのでコーミングが簡単にでき、少量のファイバーを扱うのに適しています。
柄の先のフックを引っかけて固定すれば、コームからそのまま紡ぐことが出来ます。







                    ↑Majacraft                               ↑Louet

========================================
マジャクラフトとルエのウールコームの一番の違いは重さ。

マジャクラフトはしっかりと台に固定が出来るので、安定した使い心地、
ディズでロービングをつくる際にも、コームブロックで固定されているので
力の調節がしやすく、安定したロービングが出来ます。

ルエは軽くて扱いやすく、少量ファイバーのコーミング向け。
DVD Interweave Combing FIBERにもミニコームとしてデモンストレーションで
登場しています。ハンドコーム後、そのままコームから直接紡ぐことが出来ます。
扱うファイバーや量によってMajacraft/Louetとお選びください。

※2013年3月27日現在
 マジャクラフトのウールコーム2列歯(単品)とディズの在庫あります!

========================================







| カカラ店主 | 11:10 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

twitter

facebok

Kakara Woolwoks

Facebookページも宣伝

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode


----------------------------------------

Kakara Woolworksの
モバイルショップ・オープン!!
モバイルショップ表示用のQRコード

   ----------------------------------------





I Took The Handmade Pledge! BuyHandmade.org



ショッピングカート

アフィリエイト

ショッピングカート